株式会社スリーマインドのロゴマーク

お片づけサービスの
株式会社スリーマインド

セミナー 申し込み

スリーマインドの遺品整理ブログ

宝塚市で遺品整理を行いました

ご遺族様からのご依頼で遺品整理作業のお手伝いをさせて頂きました。

数日前のお見積り時にご要望をお聞きするとご遺族様から依頼をするにあたっての第一の要望は、ご遺族様全員が遠方にお住いとの事で1日で遺品整理を終わらせたいとのご要望でした。

遺品の量は比較的少なかったことと、当社としてもご依頼者様のご要望に添えなければプロの遺品整理業者と胸が張れないため快く承諾。

第二の要望は個人様が生前にご愛用になっていた腕時計がどこかにあるはずだから探してほしいというご要望。

第三の要望は物件の賃貸契約書を探してほしい。

このようなお客様のご要望は少なくありません。ご依頼者様自身がお住まいになっていたわけではございませんから、どこに何があるかわからないのは当たり前のことです。だからこそご遺族様が立会いができる日程で遺品整理作業を進めていきたいと思っております。
img_0735
ご遺族様全員が揃い、実際に整理作業を進めていると賃貸契約書はすぐに見つかりましたが、腕時計がなかなか見つかりません。違った腕時計はいくつか見つかりましたが探している腕時計だけがなかなか見つからずご遺族様も半分諦めかけていましたが、キッチン近辺の整理を進めていると何故か食器棚の中にお孫さんのお写真と一緒に置かれていました。ご遺族様も思い出したかのようにお「母さんは大事なものはよくここに置く癖があった」と懐かしそうにおっしゃられました。

たった1つの遺品かもしれませんが、ご遺族様と故人様を繋ぐ大切な品には間違いございません。

このような遺品整理のお手伝いをさせて頂けることに日々感謝です。

この腕時計は故人様が女性だったこともあり、長女の方が形見分け品として持ち帰ることになりました。私たちも数多くの遺品整理のお手伝いをさせて頂いている中で多くの遺品を形見分けとして持ち帰っていただけるよう、誤って廃棄しないように日々心がけてまいります。

これでご遺族様のご要望をかなえたので終了では御座いません。この後は、ご遺族様が不用品と判断したものを廃棄物処理業者のトラックの着けれる場所まで搬出して処分業者へ引き渡し、次は室内の清掃を終えご遺族様にお部屋全体の最終確認頂きご依頼いただいた遺品整理作業の全工程の終了。

ご遺族様全員から「有難うございました」と笑顔でお声をいただきました。この度は、ご依頼頂き誠に有難うございました。

 

阪神間での遺品整理は株式会社スリーマインドへ

 

 

一覧に戻る >

\ まずはお気軽にお問い合わせください! /