株式会社スリーマインドのロゴマーク

お片づけサービスの
株式会社スリーマインド

セミナー 申し込み

スリーマインドの遺品整理ブログ

川西市 空き家のお片づけ

宝塚市を中心に遺品整理、生前整理、空き家整理、不用品回収(粗大ごみ)どのお片づけを行っているスリーマインドです。

家のお片づけのご依頼の中で昨今では空き家となっている実家を片付けたいとのご依頼が多くなってきております。先日も川西市内で空き家のお片づけのご相談がありました。

川西市は高度成長期において大都市圏への人口集中対策として開発された郊外団地、いわゆるニュータウンでは、高齢化が急速に進み、本来、優良なストックであるべき宅地や住宅において、空き地、空き家が増加する傾向にあるようです。

ALSOKがおこなっている空き家に関する意識調査では、「自宅のご近所や生活圏に空き家・・空き部屋がある人は31.0%」という回答が得られたようです。

%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6%ef%bc%91

また、「家の近所や生活圏にある空き家・空き部屋についてどう思いますか」とのアンケートに対しては、

「不安だ」、「迷惑だ」、「汚い」、「危険だ」と答えた人が44.5%もいたそうです。

%ef%bc%92%e7%a9%ba%e3%81%8d%e5%ae%b6

(*ALSOK 「空き家・民泊に関する意識調査より)

空き家に対するマイナスイメージを持っていることがわかりました。

空き家を放置すると、もちろん固定資産税を払い続けなくてはならないなどの「税金面」だけでなく、老朽化や漏電や放火などの安全面もでてきますので、平成26年11月に「空き家対策の特別処置法」が制定されました。

特定空き家と認定された危険な空き家は固定資産税の軽減が受けれれなくなり、強制撤去や罰金なども課せられるよういなりました。

国や自治体が認定する特定空き家とは下記の4つ

・放置すれば倒壊する危険がある空き家

・衛生上有害となる恐れがある空き家

・管理が行われず景観を損なっている空き家

・周辺の生活環境のために頬打ちできない状態の空き家

思い入れのある実家が手放すというのは、確かにさみしい気持ちになると思います。しかし「誰も住まない」「住む予定がない」実家を何の対策もなく置いておくのは、様々な面で不利益が生じます。

火災や不法侵入の危険性もありますので、まずは家財道具(不用品・粗大ごみ)の処分から始めませんか。

スリーマインドでは遺品整理・生前整理・空き家整理・ごみ屋敷の整理などのお片づけから片付いた後の消臭・消毒・害虫駆除なども専門で行っており、不動産売買、不動産管理、リフォーム、解体などトータル的にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

 

 

 

 

 

一覧に戻る >

\ まずはお気軽にお問い合わせください! /